So-net無料ブログ作成
検索選択

ホルムアルデヒド 毒性 [健康・医療]

スポンサーリンク




利根川水系の行田浄水場と
春日部の市庄和浄水場の水道水から
水質基準値を上回るホルムアルデヒドが検出されました。

さらに行田浄水場では
高濃度のホルムアルデヒドが検出され続けた事で
一部の市町では断水の可能性もあるそうです。

では、一体このホルムアルデヒドって何でしょう?

ホルムアルデヒドは建材や塗料から発生する
揮発性の化学物質の事で

気化した状態で吸い続けると
発がん性があるとも言われています。

発がん性があるんだから、当然毒性も強いでしょう。

急性の中毒症状では
眼・鼻・呼吸器が刺激されて
くしゃみ、咳、よだれ、涙が出るといった症状がありますが                    

高濃度になると
呼吸困難や肺浮腫などを発生することもあるので
大変に危険な化学物質である事には間違いありません。

今回行田浄水場で採水されたのは
最大値で0.168ミリグラム。

例え飲んだとしても健康に影響はないと言われてます。

が、やっぱり不安ですよね。

ホルムアルデヒドは安くて便利という観点から
建材や塗料に大量に使われてきました。

でも、結局大量に使用される事で
結果として環境とか最悪、人体にまで悪影響を
与えるようになってしまったわけです。

化学って生活を便利にしてくれる反面
一つ使い方を間違えると”凶器”となってしまうんですね。





スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブライダルネット特長

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。