So-net無料ブログ作成
検索選択

そんな彼なら捨てちゃえば? あらすじ 感想 [映画]

スポンサーリンク




『本当の幸せをつかみ取るために
恋に迷う女たちが下す決断とは?』

こんなサブタイトルが付いていた
「そんな彼なら捨てちゃえば?」と言う映画

ベン・アフレック、ジェニファー・アニストンさらに
ドリュー・バリモア、ジェニファー・コネリーまで
出演してるんでつい観てしまいました。

で、あらすじなんですが、ちょっと長いです。

ジジ(ジニファー・グッドウィン)は、
恋愛に対して過剰な幻想を抱いてしまいがちなごく普通の女の子

今日も親友で同僚のジャニーン(ジェニファー・コネリー)に
紹介してもらった不動産仲介業者のコナー(ケビン・コノリー)との
“初デート”が終わった頃には、
すっかり彼との恋が始まったつもりになっていた。

しかし、当のコナーは友達以上恋人未満の関係の
アンナ(スカーレット・ヨハンソン)に夢中。

一方、アンナはアンナで新しい恋の訪れに
心をときめかせていた。

その恋のお相手というのが、
ジャニーンの夫・ベン(ブラッドリー・クーパー)。

その出会いは、神経質なジャニーンとの生活に
辟易気味のベンにとっても運命的なものだった。

そんなベンの親友・ニール(ベン・アフレック)は、
ジジとジャニーンの同僚・ベス(ジェニファー・アニストン)と同棲7年目。

ベスは妹の結婚が決まったのを機に
ニールに結婚をほのめかすが相手にされず、
価値観の違いに不満を募らせていた。

ある日、コナーから何の音沙汰もないことに
耐えきれなくなったジジは、彼の行きつけのバーで
オーナーのアレックス(ジャスティン・ロング)に
恋の悩みを相談することに。

過去の経験に裏打ちされた辛辣だが的確な
アレックスの助言から、
自らが陥りがちな恋の勘違いに気付かされるジジ。

ドラマや小説のような恋の“例外”は、
滅多に起こるものではないのだ。

そんなジジのひと言に大きく心を動かされたベスは、
今の自分にとっての幸せはニールとの結婚にある
という本心に辿りつき、結局ニールとの別れを決意する。

同じ頃、順風満帆だと思われていたジャニーン夫婦にも
危機が訪れていた。

ジャニーンはベンが自分に隠れて
タバコを吸っているのではないかと彼を疑っていたのだが、
ベンが隠していたのはそれだけではなかったのだ。

アンナに淡い恋心を抱いていたベンは、最初はアンナを拒絶したものの、
アンナの捨て身のアプローチを受けて結局関係を持ってしまっていた。

家のリフォームを巡る言い争いをきっかけに、
ジャニーンに不貞を打ち明けるベン。

ジャニーンは、ベンが浮気を告白したのは
愛があるからこそだと自分に言い聞かせるが…。

その後、折に触れて恋の相談に乗ってもらううちに、
アレックスが自分の理想の男性だと思い始めたジジは、
彼に猛アタックを開始。

アレックスは今回の恋もジジの勘違いだと冷たく突き放すが、
それ以来、ジジのことが気になって仕方がない。

一方ベスとニールも、互いのことが諦められないまま、
結婚の意味を考え続ける日々を送っていた。

そんな中、ベスの妹の結婚式で、
彼女の父親が突然倒れてしまう。

そして父の看病に明けくれるベスのもとに
思わぬ“助っ人”が現れた…。

アレックスにふられたことをきっかけに、
急激に恋愛上手な女性に成長していくジジ。

一方、ジジに自分のペースを乱されまくり、
初めて本物の恋の苦さを味わうことになるアレックス。

改めてお互いの必要性を認め合うベスとニール。

もう一度ベンといちからやり直そうと決意するジャニーン。

そうとは知らず、アンナとの関係を深めていくベン。

そしてメアリーとコナーも、理想の恋を手に入れるために
新たな一歩を踏み出そうとしていた。

それぞれの思いが交錯する中、
彼らが掴み取る新しい幸せの形とは…?



というストーリーなんですが、
これオリジナルの英語のままで観たんですけど

原題は 「He is not that into you」で、
訳すと「彼はそれほどあなたに興味はないよ」って
言うんですね。

直訳ですけど、日本語のタイトルと
比べてみてください。

原題 「彼はそれほどあなたに興味はないわよ」
日本語 「そんな彼なら捨てちゃえば?」

んーー、やっぱりちょっとおかしくないですかね?

なんて言うか、日本語のタイトルは
上から目線なんですよね。

でも、原題で言いたいのは
「彼はそれほどあなたに興味はないわよ、
でも、彼から電話がないのはきっと仕事が忙しいから・・・」

という風に、逆に女性のほうがフラれるような
意味になるはずなんですよね。

ところがなぜか日本語タイトルは
逆に、男性がフラれるような訳になってます。

この辺、考えながら映画観ました。

で、結局、言いたかったのは
「恋愛も深追いはダメ、うまくいかないなら、
早く他を探したほうが良い」ってことなのかな?

最初は何かもっとハリウッド的なエンディングかな?って
思ってたんですが、意外と現実的なラストでした。

でも、やっぱり恋愛って二股掛けたり、あっち行ったり、
こっちに来たりでは決してうまく行かないんじゃないの?

ベン・アフレックの私生活と
かつてのジェニファー・アニストンを彷彿とさせますね~。



スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブライダルネット特長

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。