So-net無料ブログ作成

フジ三太郎とサトウサンペイ [社会]

いや~懐かしいななんて思う人もいるんじゃないだろうか。

あの『フジ三太郎』が電子書籍になってました。



『フジ三太郎』とは、
サトウサンペイによる4コマ漫画のこと。

掲載されてのは朝日新聞なんだけど、
すごいのはその掲載期間。


なんと1965年から1991年の
長~い間掲載されてたんですね。


サラリーマンのフジ三太郎の職場や家族で起きる
出来事を主な題材としているんだけど
これって、ごくごく普通の日常での出来事なんだよね。


まあ、時には事件なんかを風刺したりもしたけど、
いずいれにしても内容は普通の一般家庭の中で
起こりうる様な内容。


あれ、これって家でも似たようなことあったなあ。。。
なんて思ったこともある。



で、その人気を象徴するかのように
1968年と1982年には
テレビドラマ化もされているんだよね。


それにしてもですよ。この新聞の4コマ漫画って
毎日掲載されるけど、どうやってネタ考えてるんだろう。


原作者のサトウサンペイ氏は
いつもノートを持ち歩いて、ネタが頭に浮かんだときに
サッとノートに書き留めておくんだそうです。


一度、ノートの中身をちょっとだけ見たことあるけど
とにかく思いついたネタがぎっしりだった。


頭に浮かんだら
とにかく何でも書いとくんでしょうねぇ。


だって、毎日のことですよ。


アイデアが浮かばない時なんて
どうしてたんだろう。


それにしても、
毎日締め切りに追われるなんて
耐えられないなぁ。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ブライダルネット特長

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。